お悩み相談室には2の部屋があります

最初のお悩み相談室では、私の体験を短文で話をしますね。まずは「3つの環境の子育て」 の内訳を紹介します

第1章 「夫婦揃って倖せな状態 」

夫婦揃って幸せな状態 普通に家庭を持ち、やがて二人の子供が誕生して喜びを共有して子供の教育を将来を夢に見た時期があり、又教育の 「第一歩として親子で川の字で寝て、4歳で一人寝を実行」 次は食卓です、家族で食卓を囲い父親に月に一度の給料日には 感謝を伝え又、父親は子供に母親が家で家事毎日支えてる言に感謝する言葉を伝え、子供も両親に感謝をする。

第2章 「夫婦だけど関わりを持たない状態」

夫婦だけど関わりを持たない状態夫婦生活をしてる中でいつの間にかきずいたときは、家に帰宅時間が遅くなり仕事もせず給料もほとんどなくて、 生活費は何とか私の給料で繋いでいましたが、私は三人目を妊娠悪阻が酷く寝たきり状態なってしまいその時,長男小学校1年生次男三才でしたねぇ 。[長男は学校から帰宅したら買い物をしてくれ次男は私の側にいて小さな手で世話をしてくれ,次男は幼稚園を途中入園になって締まった事が親として悪いと思っています。]

第3章 「片親で育てた状態」

片親で育てた状態三人の子供を一人で育てる事になりその日から親子四人の生活のスタートでしたねぇ、その年は保育園は人数がおおくて 入れず、仕事のある時は友達に見てもらっていたのですが,確かあの日は雨の日でした友達から用事ができたので、「外の縁側に待たせとくからと」連落を貰い 私は慌てて仕事場から30分自転車を必死にこいで駆け付けると'チョコント'縁側で待っていた息子を見て涙がとまらなかった。
その事を兄弟に伝えると(僕たちが見てあ げるからお母さんは仕事っがんばってね)と頼もしい言葉を言ってくれたのが印象的でしたね。

この体験を読んで好感をもっ頂いただけましたら「2の部屋に進んで見てください」

powered dy CGI r RECUE,sup>®>/sup> / Copyright(C) お悩み相談SoS